よく読まれている記事

  • 最近の投稿
  • 人気記事
  • コメント一覧
    Toggle

    介護業界に特化した人材紹介・人材派遣会社です!

    介護業界に特化した人材紹介・人材派遣会社です!

    介護業界 就職・転職・採用

    介護施設運営企業様必見!介護業界の採用を本気で考える!

    介護施設運営企業様必見!介護業界の採用を本気で考える!

    皆様、こんにちは!

    介護キャリアプラス運営事務局のがん太です。本日は介護施設運営を行っている企業様へ、アドバイスというほど大それたものではございませんが、介護職の方々を上手に採用する方法をご紹介したいと思います。しかしながら、一朝一夕、努力なしには採用を上手く行うことはできない、ということを初めにお伝えいたします。

    今回は、いくつかの企業様に採用コンサルティングを行った際、採用において劇的に変化した事例を元に、お話しさせて頂きます。介護業界で採用に大変な思いをされていらっしゃる経営者、人事の皆様は是非参考にして頂けたらと思います。

     

    介護業界で採用を成功させるために

     

    1.何故採用できないかを今一度考える

    応募がこない理由はどうしてなのか!?これをまず考えましょう!現在、採用においては求人媒体(紙、WEB)、ハローワークが中心かと思います。求人媒体、ハローワークに掲載すれば応募がくる、という概念をまず取っ払いましょう。もちろん、特に求人媒体は最も効果的な採用ツールであることは間違いありません。しかしながら、掲載件数が多いため、案件が埋もれる可能性も十分考えられます。よって、求人媒体に掲載すれば採用できる可能性がある、という考え方で利用ください。

    求人媒体で採用を行うためには、次のことを見直してみてください。

    1.自社ホームページ

    自社ホームページは充実していますか!?何年も前に作ったもので、古臭い印象を与えていませんか?更新を怠っており、すでに運営を諦めていませんか?スマホサイトはありますか?(介護職の応募の7割はスマホからです。)

    自社ホームページは重要です。本来であれば、ホームページで採用できることこそが一番いいはずです。求職者の約半数が、応募前に応募企業のホームページをチェックするそうです。実際、ホームページが微妙ということで、応募をとどまる方もいらっしゃるのです。現在は制作料金も安価になってきています。ホームページが微妙だと感じている企業様は、思い切って見直しましょう。そして今一度ホームページの重要性を考えてみてください。現在は、簡単に情報発信できる時代ですし、逆に自社の情報を発信していない企業様はそれだけでマイナスイメージになりかねません。逆に、ホームページを積極的に運用し、情報発信をしっかりとされている企業様は信頼と信用を得られる可能性があるのです。

    特に採用ページや自社ブログを充実させることをお勧めいたします。採用ページは特に事細かに、求人の詳細を入れてください。そして、実際働かれているスタッフの生の声を届けられるようにしてください。そうすれば求職者の方々はよりイメージが湧き、応募訴求に繋がるはずです。ブログにおいても同様で、こちらから発信できる非常に簡単で優れたツールです。ブログ更新は根気が入りますが、その分効果は必ず現れます。

     

    2.他社との比較

    何で自分たちは採用できないんだ、きっと求人媒体が悪いんだと、思っていませんか?それは大きな間違いです。応募できている企業、できていない企業の決定的な違いがあります。

    1.手当、福利厚生の充実

    これは簡単に変えられるものではないかと思います。しかしながら、取り分け介護職の方々はこれらを気にされる傾向にあります。いつまでもたっても応募がこない、採用できない企業様はどうにかしてでも少しずつ改善していく必要があります。他社との比較により、自社の何が他社よりも魅力がないのか、などを検証して改善しなければ、採用できる確率を上げていくことはできません。

    2.求人露出

    一概に求人を出しまくれば良いというものではありません。が、しかし網を張ることは大事です。介護業界の離職は他業界よりも高いため、転職市場は活性化しています。しかしながら、これも介護職の方々の特徴かもしれませんが、勤務地、通勤手段を非常に気にされます。通勤時間は30分以内を希望される方がほとんどですし、通勤手段はマイカーやバイク通勤を好まれます。そうなると貴社がそうでなければ、対象にすらなりません。よって、求人の露出を増やすことは非常に重要になってきます。そして、広告戦略、マーケティング戦略を考えなければなりません。本当に上手に採用を成功されている介護施設運営企業は、広告戦略、マーケティングに非常に力を入れております。

    3.求職者への対応、内定後のフォロー

    応募後の対応に関しても非常に重要です。応募後、なかなか連絡が取れないことがありますが、これは当たり前のことと捉えてください。不規則な体系の勤務が一般的な介護業界ですので、求職者との連絡を繋ぐことも苦労します。根気よく電話、メールで連絡を取り続けることを行ってください。また、お電話での対応や面接での対応も注意してください。求職者の方々は面接される側ではありますが、面接官の対応や施設の雰囲気をしっかりと見ています。対応が悪いと取られてしまえば、採用したいと思った人材も逃げてしまう可能性もありますし、その後の口コミや評判にも影響します。ですので、どんな状況でも、丁寧且つ真摯な対応を心掛けてください。

    また、内定後のフォローもしっかりと対応していかないといけません。施設見学や内定後の面談、入社までの手続き関係の説明など、入社前の求職にこそ、安心を与え、よい印象を感じてもらえるような対応が必要です。これまで内定承諾後、企業の対応に不信感を感じ、内定辞退をされた方々を何名も見てきましたので、是非参考にしてください。

     

    2.予算は限られている!しかし予算を抑えての採用は不可能!?

    限られた採用予算で採用を成功させることが、採用に携わる方々にとってのミッションだと思います。しかしながら、これが上手くいくケースはどれだけあるでしょうか?取り分け、介護業界においては下振れが多々あるが、上振れることはほとんどないように感じます。しかも出来るだけ予算を抑えたい、という企業様がいるのですが、出し惜しみしていると間違いなく後手後手になり、もっと悲惨な結果になることが多いのです。しかもこれまでの傾向をある程度掴んでいるにも関わらず、同予算、予算縮小で採用に臨んでも、結果は絶対に変わりません。

    結論、限られた予算で採用しなければならないのであれば、様々なことを最適化していかなければなりません。即効性があるものもあれば、ゆくゆく効果が表れるものもあるため、とにかく一つずつ対応してみてください。

     

    1.一つの応募に対しての対応を最適化

    応募からの対応スピード、連絡が繋がるまで追い続ける、求職者への丁寧な対応など一つ一つのフェーズで、これまでにない力で対応してみてください。営業マンのようにわずかな数字を取りに行くのと同様に、採用担当者もこのぐらいの対応スキルを身に付ければ、採用率が劇的に変わってきます。如何に一つの応募を逃さないかが大事なのです。

     

    2.WEB戦略、広告戦略を最適化

    前述でもお伝えいたしましたが、自社ホームページを今一度見直しを掛け、求職者が訪れてこられた時に最良の情報を提供し、共感してもらえるようなサイトにしてみてください。いやいや、ホームページは意味ないでしょう、と思っていらっしゃる企業様も多いかと思いますが、そんなことはありません。必ず効果が表れます。次に広告戦略ですが、例えばWEBで採用しやすい地域、紙媒体のほうが採用できる地域、ハローワークでお金を掛けず取れる地域など、しっかりと数値分析を行ってください。半年ぐらいデータを取ると、色々分かってきます。この地域では「この媒体」、時期的に「この媒体」など広告戦略を練るうえで、非常に役立つことと思います。また、求人掲載の記事についても、いつも代わり映えしない同じ内容で掲載することもお勧めしません。その内容で採用できていないのであれば、必ず内容を精査し、新たな記事を作り直してみてください。

     

    3.離職率を下げ、スタッフからの知人紹介からの採用

    離職率を下げることは、採用への強化に繋がります。現在の情報化社会は、悪い噂はすぐに広まってしまいます。離職率が高い業界である介護業界で、離職率を下げることは難しいことであるのですが、中長期スパンで対策を練ってみてください。離職率が高いため、採用しなければならない実情があるのであれば、まず離職率を下げる努力をしてください。そうしないと完全に負のスパイラフに陥ります。離職率が下がると評判は徐々に広がり始め、採用率向上のサポートとなるはずです。また、従業員からの紹介での採用も出てくるはずですので、こちらも積極的な仕掛けをしてみると良いかもしれません。例えば、よくあるパターンですが採用費用が掛からない分、紹介者に還元するといった形です。私のお付き合いをしている企業様で、ほとんどの採用を従業員紹介で行っている企業様もあります。

     

    最後に

    介護業界というこれから更に発展していくであろう業界の採用支援を行っておりますが、本当に大変だと実感しております。まず、離職率の多さは改善するべき問題です。離職率が高い理由は、様々な要因が絡み合った結果だと思われます。収入面、人間関係、重労働、不定期な休み、等。

    それでも介護・福祉の精神をお持ちの方がたくさん働いていらっしゃるこの介護がさらに発展し、誰もが働きたいと思えるぎょうかいになればと心から願い、本日は終了とさせて頂きます。

     

    介護施設を運営され、採用にお困りの企業様はいつでもご連絡ください!!

     

    株式会社ラプラス
    〒160-0022  東京都新宿区新宿2-5-10 成信ビル4F
    TEL/03-5919-3451

    URL
    TBURL

    LEAVE A REPLY

    *
    * (公開されません)
    *

    Return Top